読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

その感情の泉

いつまでも新規の嵐オタ、ひとりごと

ブログ最初の記事がこれって     ーあの日からの感情ー

 

 

少し前からブログを書いてみたい衝動にかられていた。

ツイッターなどでは書ききれない「嵐さんが大好き」「二宮さんが大好き」って感情を整理してみたかった。

 でもね、最初のブログの内容はこれにするつもりじゃなかったの。

 いわゆる何で嵐のファンになったのかとか

どこで沼に嵌ったと自覚したかとか

二宮さんを担当する理由とか

そんな事を書きたかった…

 

 

なーのにーー!!

 

 

それを書く前にどうしても整理したい感情が溢れてしまったんです……

 

 

 

それはいつもの、いつも~の夕飯時に第一報が入りました

ツイッターや友達からのLINEで「二宮さん.明日の女性週刊誌に載るらしい」

 

 

もうそこからは怒涛のネットチェック

お夕飯の片付けどころじゃなくって家族の目を盗みながらネット検索

そして写真の確認

 

この時点での私や多くの二宮担はきっと

「あー夏が来る(風物詩)」「何か大きい仕事のお知らせくるのかな」

くらいの気持ちでした。

 

ツーショット写真がない事が今回は大きかったですもん。

マンションで半同棲と書かれてもあの写真じゃ真実は??って感じでしたし。

 

二宮担、だてにメンタル強くありません

この時点ではメンタルに一片の欠けもありません。

相手が年上のアナウンサーってこともあり

『まあ、間違っても去年の9月のような事にはならないだろう』

『後からなにもでてこなきゃこれで終わりだろう』

そんな気持ちでいたのです。

 

でもね、この気持ちが木端微塵になるのです

その数時間後には………

この翌日っていうかその日の深夜3時50分過ぎに呟いてる

『あぁ………ブログとかやめてよ…。』 ※1

 

 

もうこれですよ

とにかく

 

 

「何で?!」

「去年の事で学習しなかったの?!」

「どういうこと?!」

 

 

次から次へとでてくるブログの写真 ※2

段々痛くなる胃

寝なきゃって思ってるのに寝られない精神状態

 

そこからの日常は、日常でありつつ通常ではない心持でした。

とにかく泣きそうになっても怒ってもモヤモヤしても朝は来る

容赦なく家ゴトも仕事もしなきゃいけない

でも

考えて、想像して、妄想して

腹を立てて、泣けて

でも彼を見ればやっぱり変わらず好きなんですよ…

 

で、ふと考える

何で今回こんなに落ち込んでるんだろう、私

 

前ってどうだっけ?

うん、もうがっつりファンだった

その前は?

うん、今ほどでは無いけどファンだった

 

じゃ何が違うんだろう………

 

 

 

 

ブログですよね、要は

 

 

 

ツーショット写真だけなら色々考えながら、悲しんだり、嫌な気持ちになったりを繰り返しつつも彼のプライベートだからってことで自分の気持ちに折り合いをつけていっていたんです、これまでは。

 

で、今回何が自分的に一番受け入れ難いんだろうと考えてみると私は「彼女がライブに来ている」って事で「ファンの領域に彼女が来ている事」だと突き当たったのです。

 

ライブって私の中ではすごいイベントで

このためにファンクラブに会費払って、仕事や家ゴトを調整して、

当たることを神頼みして

当落の結果に一喜一憂して

ようやく入れたその空間は4万数千人の仲間と一緒に彼らとすごす本当に大事な数時間なんです。

そこにいるのは「プロのアイドル」である彼らとその彼らを愛する「ファン」で

そこはとても幸せな空間で幸せな時間だと思ってるんです

 

 

 

でもさ、そこに彼女がいるんですよ?

 

 

それがわかってしまったら…

彼にそんなつもりはないかもしれない

実際は違うかもしれない

でも、もうライブの映像を見てもあの私達が彼らしか見ていないあの時間、あの瞬間

 

彼は一瞬でも彼女の事を思ったりしたんじゃないかな?

彼の笑顔やダンス、パフォーマンスが一瞬でも彼女に向けてだったんじゃないかな?

 

そう思ったらもういろんな感情が溢れました… ※3

 

ブログの沢山の写真もそうですよね

グッズにしても花束にしても

それは私達が彼を応援している、彼の仕事っていう本来オフィシャルで私たちファン側の空間に彼女が入ってくる事に対する不快感、嫌悪感なんだなって

 

よくアイドルだからプライベート(恋人)を見たくないっていうけど今回は恋人を見せられた上にファン側への領空侵犯だもん、酷いよ

 

去年の出来事と一緒で辛いのは

そのグッズを目にしたとき、曲を耳にしたとき

映像を見た時に否が応でも彼女がチラつく。

それがとにかく嫌で

 

今までならハッピーな楽しい、前向きな気持ちをもたらしてくれていたものが

今後ずっと、その感情は薄れるかもしれないけど、でも忘れる事なんてできなくって

ずっと嫌悪感をもたらす

 

それが辛いのです

今回いつにもまして打ちのめされてるのは私的にはこのせいだと思い至りました。

 

 

 

そりゃ彼女だっているでしょうよ。

モテると思うし、きっと彼は女の子好きだろうし…

 

でもね、その彼の彼女には彼のプライベート側だけにいて欲しいんです

 

わざわざ私たちファン、オタ側に侵犯してこなくていいじゃない。

プライベートな彼はアナタだけのものなんだから

 

 

 

 

だからどうぞお願いです

二宮さんも、他のメンバーも

あなた達の彼女は変な自己顕示欲の無いしっかりとした常識のある、

あなたとあなたの仕事をも大切にしてくれる女性を選んでください。

 

いちオタからのお願いです

 

 

 

 

 

でもこんなに悩んだというかイヤーーな気持ちをもたらされて

やさぐれて友達とうぅって話して

でも結局彼の事が好きなんです

 

そしてどうぞ明日も、明後日もこの気持ちを持っていられますように

 

 

 

※1 この時間のこの呟きにちゃんと応えてくれてるフォロワーさんがいることも驚き

※2 ここでは彼は彼女のブログは知らなかったと仮定しています(これについてもいつか書きたい)

※3 これもまたいつかきちんと考えてみたいのですがなぜ対象が彼の今回だけこんな 感情が乱れたのか…。以前応援していたあるアーティストさんは彼女が公に出てきてもなんなら違う人と結婚しても平気だった